2017年度medu4講座のトピック

・medu4 SCHOOLでは2017年4月より、新年度を迎えます。2017年度(2017年4月〜2018年3月)のトピックと、2016年度(2016年3月末〜2017年3月)に受講していただいた方への移行についてご案内いたします。

①一部の2016年度講座の視聴期限を延長しました

・2016年度に開講した、以下の対象講座の視聴期限を2018年3月末まで延長いたしました。
【対象となる講座】
『あたらしい産婦人科』、『あたらしい小児科』、『加齢・老年学特講』、『救急BASIC to PRACTICE〈QQB2P〉』、『あたらしいマイナー』、『あたらしい公衆衛生』、『必修特講』、『症候論特講』
・学内の実習や試験対策の事情で、2017年度版の開講を待てない方も今から安心して受講していただけます。

②『あたらしい臓器別』が総論事項も含み、『あたらしい内科・外科』にパワーアップします

・「臓器別」という言葉は従来から国試業界に存在する表現ですが、曖昧で分かりにくいと私どもはずっと思ってまいりました(例:「免疫」って臓器なの? 「眼」って臓器じゃないの?)。そこで、2017年度よりmedu4ではこの用語を使わないこととしました。


・臨床医学の関係から、大学の講義では「内科」と「外科」を別で扱うことが多いようです。しかしながら、医師国家試験対策に限定すると、内科と外科を別々に学習するのは非効率とmedu4では考えています(例:肝細胞癌の問題で「動脈塞栓術」が正解になれば内科、「手術」が正解になれば外科、としてしまうと同じことを別々に学ばねばなりません)。この観点から、内科と外科を程よいバランスで効率よくまとめ、万全な医師国家試験対策を行うのが『あたらしい内科・外科』です。


・『あたらしい内科・外科』は2017年3月27日(月曜日)からの順次公開をめざし、鋭意制作中です。

③2017年度medu4 SCHOOL講座の注目点・改善点

・再生速度の細かな調節が可能となります(2016年度までの旧サイトでは受講者の方に倍速用のプラグインを各自導入していただいておりましたが、2017年度の新サイトからはデフォルトで倍速等の再生が可能となりました)。

・クレジットカード決済機能がサイト内に配備され、よりスムーズに行えるようになります(2016年度までの旧サイトではPayPal決済のためページ遷移を受講者の方にお願いしていましたが、そのタイムラグが解消されます)。またクレジットカードもJCB, VISA, MASTER, AMEX, DINERSのすべてをご利用いただけます。

・スマートフォンで御覧頂いた際に、自動的にスマートフォン専用サイトが表示されるようになり、より快適に受講していただけるようになりました。

・111回医師国家試験の内容がすべて反映されます。具体的には新規に出題された疾患、知識、問題、がすべてアップデートされます。

・また、新しく改訂・登場した学会ガイドラインや、112回国試から適応となる国試ガイドラインも反映し、最新の内容でお送りいたします。

・テキストの収録問題数を増やします。2016年度版でも必要十分な数の問題を掲載していましたが、意欲的な受講生の方を中心に「もっと問題がほしい」という声をいただいておりました。この意見を受け、『あたらしい内科・外科』を中心に収録問題数を増加させ、より万全な対策を行っていただけるようになります。

・その他、より受講生の視点から取り組みやすいテキスト・講義内容となります(臓器全体のオリエンテーション設置、穴埋めのワクが大きく書きやすく、イラスト点数の増加、各テキストに索引の配備など)。

④2016年度版をご利用の方へのご案内

・①にお示ししたように、内科・外科以外の講座は2018年3月末まで視聴期間が延長されました。また「2016late」と付記された講座も視聴期間は2018年3月末までとなります。そのまま継続受講下さい。

・上記以外の『あたらしい解剖生理』『あたらしい臓器別』は2017年3月末で視聴期間が終了いたします。以下のフローチャートをご参照の上、移行をお願い申し上げます。

・2017年3月末までに2016年度版の視聴完了率が50%に満たない方は、視聴期間を延長するよりも、2017年度版を新規に受講していただくことをお勧めいたします。

⑤1.5年プランについて

・2017年度版の公開まで待てない! という方のために、今から2016年度版を視聴でき、かつ公開され次第、無料で2017年度版へアップグレードできるお得なプランです。詳細につきましては、こちらを御覧ください。
 ※1.5年プランは「内科・外科」のみのご用意となります。他科目は2016年度版を2018年3月末まで視聴可能といたしましたので、ご安心下さい。
 ※視聴期間は「購入してから1.5年」ではありません。2018年3月末までですのでご注意下さい。
 ※2017年度版では解剖生理の知識がすべて『あたらしい内科・外科』に含まれます。アップグレード後に『あたらしい解剖生理』はご視聴いただけなくなりますので、ご注意下さい。

⑥視聴期間延長サービスについて

・『あたらしい解剖生理』と『あたらしい臓器別』(「2016late」と付記のないもの)は2017年3月末で視聴期間が終了いたします。「もう1年延長したい」という方のため、購入時の1/6の価格で2018年3月末まで視聴期間を延長できるサービスをご用意いたしました。

 (計算例)「あたらしい解剖生理+臓器別2016年4月限定セット」定価30,000円 → 5,000円
      「あたらしい解剖生理+臓器別セット」定価33,000円 → 5,500円
      「あたらしい臓器別・01腎」定価2,160円 → 360円

・ご希望の方はこちらより、期間延長する講座の注文番号(MYページ内よりご確認いただけます)をご連絡下さい。スタッフが照会後、折り返しメールにてお返事いたします。

⑦新講座『111回update』について

・2016年度版のテキストには110回国試までの知識がすべて含まれます。これに111回の知識を付け足せば、112回の国家試験も対応が可能です。

・オーソドックスな111回の知識を付け足し方は、111回の過去問(500問)を各自が演習し、新規の知識をテキストに追記していくことです。

・ですが、学習者の立場からすると「その問題のエッセンスが何か?」を見抜くのが難しく、独力で500問もの111回過去問をテキストに転記していく作業は困難に思われます。そこで、2017年8月に『111回update』(2〜3コマ予定・価格1,000円)を公開いたします。この講座は、111回に新規に登場した知識を全科目お手持ちのテキストに追記していくものです。medu4 SCHOOLのテキスト章分けをベースに講義を展開いたしますが、他社の110回まで含まれるテキストをご使用の方でも満足いただける内容になります。是非ともご利用下さい。

⑧足りますか? 十分ですか? 他の教材と併用したほうがよいですか?

・高い頻度でいただく質問です。2016年度版のmedu4テキストを元に111回国試を分析いたしましたが、9割程度の問題に正答することができました。合格には十二分です。

・さらに2017年度版では収録問題数を増加させ、科目ごとに解剖生理や検査・治療といった総論範囲も充実した対策を行います。他教材との併用がなくても、medu4 SCHOOLの講座のみで国家試験に合格することができます。

・「足りました。十分でした。他教材との併用は必要ありませんでした」......国試終了後にはきっとそう言っていただけるはずです。